糖質制限ダイエットの第一人者 心不全で急死

さっき、無理な糖質制限が原因で
何か起こらないといいのに…と
書いたばかりのワタシデス

桐山秀樹氏 急死 糖質制限ダイエットの第一人者

61zt37qLB8L.jpg

細かいことを知らないワタシがいうのも
おかしいかもですが…
toshitsubakaさんのブログを読んでみて
toshitsubakaさんの言葉遣いは悪いけどぉぉ
確かに『ゲスの極み』と言われても仕方ない気がした

愛するご主人を失ったばかりの
傷心の奥さまの許可を得たからといって
亡くなった方のご冥福を祈るよりも先に
死因がどうの、診断書がどうのと
糖質制限の保身を図るのに必死な様子を様子は
あまりにも人としての道から外れている気がするのは
ワタシだけでしょうか
桐山 秀樹さんの18時間前 フェイスブック
おやじダイエット部プロジェクト
小林将之
っていったいどんな方なのでしょうか

逆に余計な波紋を呼ぶ気がするけど…

とりあえず・・・
急性心不全についての原因に糖質制限が
叩かれそうなことが満載なのは間違いないかも。。。


急性心不全治療ガイドライン - 日本循環器学会
によると・・・

【急性心不全を発症する危険】

因子である高血圧や糖尿病は,
平成18年国民健康栄養調査によれば高血圧患者数が3,970万人,
糖尿病患者数が予備群を含めて1,870万人と推定されている。
このようなデータから急性心不全患者は原因疾患の動向を反映して
必ずや増加すると推測される。
医療負担の観点からも早急な疫学調査とそれに見合った現実的対応が
必要である。

1 急性心不全の患者背景
 患者背景情報は急性心不全の標準的診療を確立する上
で欠かせない。
(中略)
平均年齢は70~ 73歳,男性が60%,
新規入院が60~ 70%である。
既往疾患として高血圧が50~ 70%,糖尿病が30%,
脂質異常症が25%,心房細動を40%ほど認める。
心不全の原因心疾患として虚血性心臓病が約30%であった。
心筋症や弁膜症,高血圧症がそれぞれ20%前後である.


糖質制限に糖尿病の専門である循環器のお医者さんが
1人もいないことがどれだけ歪なことか
これからいろいろな綻びが見えてきた時に
誰ひとりきちんと答えられる医者がいないことで
糖質制限のイイところすら
味噌もクソも一緒にされてしまうのは
とーーっても不本意

お金儲けをタップリしてきた先生方は
単にひとつのカーニバルが終焉を迎えただけで
また別の美味しそうなニンニク注射や
アトピーをネタに戻ればいいだけだろーけど
(それも腹立たしいけど)

糖質制限を実践している関係のない人たちにとって
ホントの意味でしんどいことになるんじゃないのかなぁ~
と。。。また老婆心してしまうワタシデス




 エサのかわり
 時々キイロイトリをポチっていただけると
 大変うれしいです


ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事

テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

書かれているブログを読みました。確かにゲスの極みと言える対応ではありますが、ブログではWHOを持ち出して嘘まで言ってるとありましたが、WHOが5%未満を推奨している間違いない事実です。その部分が書かれているWHOのHPのURLは下記になります。http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/sugar-guideline/en/

糖質制限して血糖値が上がりやすくなると言うので、私も心配になって自己血糖値測定をしてみました。食前血糖値103 食事内容:ヨーグルトとサラダとオリーブとチーズバケット(糖質量100gover)食後1時間130 食後2時間183 食後3時間164 食後7時間130 食後8時間86 私が使っている測定器は、プレジョンエクシードです。食前の血糖値が高いのは睡眠不足とおやつの影響かも知れません(ブランチに測定)普段は86〜94位です。HbA1c5.0です。

Re: ruka さま

> 書かれているブログを読みました。確かにゲスの極みと言える対応ではありますが、ブログではWHOを持ち出して嘘まで言ってるとありましたが、WHOが5%未満を推奨している間違いない事実です。その部分が書かれているWHOのHPのURLは下記になります。http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/sugar-guideline/en/

ゴメンナサイ。。。
ワタシには
原著論文をレビューできるような英語力も
医学的専門知識もないので
どちらが正しいということすらできませんv-239

まして聞きかじりで
世界的な見地について
答えも出す勇気もありません。

> 糖質制限して血糖値が上がりやすくなると言うので、私も心配になって自己血糖値測定をしてみました。食前血糖値103 食事内容:ヨーグルトとサラダとオリーブとチーズバケット(糖質量100gover)食後1時間130 食後2時間183 食後3時間164 食後7時間130 食後8時間86 私が使っている測定器は、プレジョンエクシードです。食前の血糖値が高いのは睡眠不足とおやつの影響かも知れません(ブランチに測定)普段は86〜94位です。HbA1c5.0です。

言葉たりずだったみたいですが
スーパー糖質制限をワタシが1年続けた結果
たくさんの糖質を取っていないのにもかかわらず
過敏に反応してしまうという状態で
どうやら耐糖能異常と同じ状況になっているみたいでした。

なので・・・
日頃から少しは糖質を取って
インシュリンを出す機能も劣らせないように
しておいた方が良いということで
スーパー糖質制限を少しお休みしてみようと
模索しているところです。

せっかくrukaさまに詳細をお書きいただいたのですが
血糖値については
ダイエット目的のワタシですから
他の方の数値についてもコメントできる知識はないのです。

ただ・・・不安をあおるような記事になっていたとしたら
ゴメンナサイ。





糖質制限をしていたら糖質に敏感になるのは当然ですよね。OGTTが良い例だと思いますよ。正常な人は食後2時間で血糖値は140を越えません。人間の本来持っている機能を狂わすと取り返しのつかないことにのは当たり前だと思います。
WHOが5%未満を推奨しているのは砂糖やハチミツなどの糖類であって糖質全般ではないですよね。
桐山さんの死が今後どんな論争になるかは想像がつきますが、糖質制限派のお偉いド方々や崇拝する信者の方々の発言がとても気になるのは私だけでしょうか?

はじめまして

はじめまして。

早速ですが、まずはこちらをご覧ください。
・ご飯の糖質を角砂糖に換算するのは間違いです。
http://andohiroyuki.com/diet/2016/5260.html
・血糖値を上げる糖質、あげない糖質
http://lowcarb.merrily.biz/carbohydrate

糖質は「糖類とそれ以外」に分類することができます。糖類とはショ糖(砂糖)や、ブドウ糖、果糖です。一方、ご飯の主な糖質はでんぷんで、これは全くの別物とは言えないまでも同じではありませんよね。

この前提を踏まえてWHOのHPを読んでみると
A new WHO guideline recommends adults and children reduce their daily intake of free sugars to less than 10% of their total energy intake. A further reduction to below 5% or roughly 25 grams (6 teaspoons) per day would provide additional health benefits.

Free sugars refer to monosaccharides (such as glucose, fructose) and disaccharides (such as sucrose or table sugar) added to foods and drinks by the manufacturer, cook or consumer, and sugars naturally present in honey, syrups, fruit juices and fruit juice concentrates.

遊離糖類の1日の摂取量を総摂取カロリーの10%未満まで制限することは、健康的な食事の一環である。さらに5%未満まで制限することが、さらなる健康増進のために推奨される。

遊離糖類とは食品や、飲料に加えられている単糖類「グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)」と、二糖類「スクロース(ショ糖)、砂糖」や、天然の蜂蜜や、果物ジュースに含まれているものを指す。
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/sugar-guideline/en/

と書かれています。なので糖質全体を指して5%未満に制限しろとは言っていないわけです。加えて『http://www.japan-who.or.jp/act/factsheet/394.pdf』には総摂取エネルギー量の脂質は30%以下に抑えるべきと書かれていますので、WHOは「バランスのよい食事を心がけよ。砂糖や甘いもの摂りすぎはだめだよ」と言っているのです。

それを、件の小林氏や、江部先生が(江部先生は糖質と糖類を区別していらっしゃいますが)、糖質制限推進の方々に都合のいい部分だけを切り抜いて掲載していることに対して、toshitsubakaさんは嘘つきだと書いているんじゃないでしょうか?

私も昨年糖質制限を最初の6ヶ月で16kg体重が落ちて感動していましたが、その反面、様々な体調不良も出てきました。主に立ちくらみと、膝の痛みです。
これじゃだめだと、ジムに通いウェイトトレーニングを始め、糖質制限とはある程度距離を置きバランスのよい食事を心がけています。

病気などの有無もありますが、どちらにせよ糖質の摂りすぎはもちろんいけません。かといって糖質制限本などでよくみるカロリー計算不要、好きなだけ食べれるといった売り文句はどうかと思うのです。

No title

こんにちは

WHOの記事ですが、
WHOはsugarsを制限しようと言っています。
糖質制限はcarbsを制限すると言っています。

この違いはWHOではお米や麺などは自由に食べてよいのです。
ただし砂糖なんかの取りすぎは良くないと言っています。

Re: ミミさま

> 糖質制限をしていたら糖質に敏感になるのは当然ですよね。
OGTTが良い例だと思いますよ。正常な人は食後2時間で血糖値は140を越えません。
人間の本来持っている機能を狂わすと取り返しのつかないことにのは当たり前だと思います。
> WHOが5%未満を推奨しているのは砂糖やハチミツなどの糖類であって糖質全般ではないですよね。
> 桐山さんの死が今後どんな論争になるかは想像がつきますが、
糖質制限派のお偉いド方々や崇拝する信者の方々の発言がとても気になるのは私だけでしょうか?

ミミさま

コメントありがとーございますv-16

1つの論文をとっても、これだけ読み取り方が違ってくるんですね
ということは・・・
トーゼン、桐山さんの死も
ご本人やご家族の思いとは全く別のところで
独り歩きしてしまうのかと思うと
ご遺族のお気持ちがこれ以上傷つかないようにと
願うばかりです。。。

Re: ぶんぶんさま

> はじめまして。
> 早速ですが、まずはこちらをご覧ください。
> ・ご飯の糖質を角砂糖に換算するのは間違いです。
> http://andohiroyuki.com/diet/2016/5260.html
> ・血糖値を上げる糖質、あげない糖質
> http://lowcarb.merrily.biz/carbohydrate
> 糖質は「糖類とそれ以外」に分類することができます。糖類とはショ糖(砂糖)や、ブドウ糖、果糖です。一方、ご飯の主な糖質はでんぷんで、これは全くの別物とは言えないまでも同じではありませんよね。
>
> この前提を踏まえてWHOのHPを読んでみると
> A new WHO guideline recommends adults and children reduce their daily intake of free sugars to less than 10% of their total energy intake. A further reduction to below 5% or roughly 25 grams (6 teaspoons) per day would provide additional health benefits.
>
> Free sugars refer to monosaccharides (such as glucose, fructose) and disaccharides (such as sucrose or table sugar) added to foods and drinks by the manufacturer, cook or consumer, and sugars naturally present in honey, syrups, fruit juices and fruit juice concentrates.
>
> 遊離糖類の1日の摂取量を総摂取カロリーの10%未満まで制限することは、健康的な食事の一環である。さらに5%未満まで制限することが、さらなる健康増進のために推奨される。
>
> 遊離糖類とは食品や、飲料に加えられている単糖類「グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)」と、二糖類「スクロース(ショ糖)、砂糖」や、天然の蜂蜜や、果物ジュースに含まれているものを指す。
> 「http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2015/sugar-guideline/en/
>
> と書かれています。なので糖質全体を指して5%未満に制限しろとは言っていないわけです。加えて『http://www.japan-who.or.jp/act/factsheet/394.pdf』には総摂取エネルギー量の脂質は30%以下に抑えるべきと書かれていますので、WHOは「バランスのよい食事を心がけよ。砂糖や甘いもの摂りすぎはだめだよ」と言っているのです。
>
> それを、件の小林氏や、江部先生が(江部先生は糖質と糖類を区別していらっしゃいますが)、糖質制限推進の方々に都合のいい部分だけを切り抜いて掲載していることに対して、toshitsubakaさんは嘘つきだと書いているんじゃないでしょうか?
>
> 私も昨年糖質制限を最初の6ヶ月で16kg体重が落ちて感動していましたが、その反面、様々な体調不良も出てきました。主に立ちくらみと、膝の痛みです。
> これじゃだめだと、ジムに通いウェイトトレーニングを始め、糖質制限とはある程度距離を置きバランスのよい食事を心がけています。
>
> 病気などの有無もありますが、どちらにせよ糖質の摂りすぎはもちろんいけません。かといって糖質制限本などでよくみるカロリー計算不要、好きなだけ食べれるといった売り文句はどうかと思うのです。


ぶんぶんさま

論文について、詳細なご説明ありがとうございます。

ワタシも糖質を昔のように取るところに戻すつもりはなく
カロリーも合わせて取り過ぎないように
注意した新しいスタイルを確立したいなぁと思っていますv-116

今後とも、よろしくお願いいたしますv-238

Re: ごろぞうさま

> こんにちは
>
> WHOの記事ですが、
> WHOはsugarsを制限しようと言っています。
> 糖質制限はcarbsを制限すると言っています。
>
> この違いはWHOではお米や麺などは自由に食べてよいのです。
> ただし砂糖なんかの取りすぎは良くないと言っています。

ごろぞうさま

コメントありがとーございますv-16
糖質制限の先生方は、どうしてこんなに論文の読み取り内容が
違ってくるんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
かうんとするぅ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
プロフィール

minorinko

Author:minorinko
52才になり、トナカイくん(夫)と1年のスーパー低糖質ダイエットから一度は失った耐糖能を取り戻すため!!脂質やカロリー・塩分に気をつけた食事に変更。
美味しくないと続かないをモットーに高強度筋トレ始めました。
まだまだダイエット初心者格闘中<(`^´)>

カテゴリ
ワタシの使っているモノ
最新記事
ダイエット遺伝子検査キットDHC 
遺伝子検査 ダイエット対策キット
公式HP
読み忘れてませんか?BEST10
ranking
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ワタシの気になるもの
QRコード
QR