やっとダイエットとしての糖質制限の問題点をみつけた!

糖質制限でダイエットを続けていくことについて
どーーーしたものか思案中のワタシデス

決定打となったのは
カルピンチョ先生のサイトで見つけた
  
糖質制限すると耐糖能が落ちるから
  危険という耐糖能の正体とは?


引用してみました。

お酒を飲む習慣が身についてきたときのことを考えてみてください。
あなたが初めてお酒を飲んだ時と、
習慣的に晩酌をするようになってからとで、
お酒への強さって同じですか?

違いますよね。

あきらかに、飲み続けている人の方がお酒に強いでしょ?
これはなぜかというと、
肝臓がアルコールやアルデヒドを分解する酵素を
たくさん作るようになるからです。

毎日、アルコールという毒物が注ぎ込まれるから、
それを処理するために頑張るのです。

糖質と膵臓の関係も同じです。
毎日、高血糖という危険な状況が
作り出されるから、
一生懸命インスリンを作るようになるのです。
「糖質負荷すると耐糖能が上がる」、ということは
「毎日酒飲むと酒に強くなる」ということと同じなんです。
肝臓が壊れるまでは楽しく飲めますねww


【あるコメントヘノレス】

きびしい糖質制限から
元通りの60%糖質摂取にいきなり戻した場合、
脂質をエネルギーとする体になっているので、
しばらくは糖質摂取はものすごくつらく感じます。
(エスキモーの人たちを生肉の自給自足生活から、
合衆国政府が配るラードと小麦粉の生活に
無理やり変更させたときに、みんな体調崩して
大変だったらしいです。)

それは、逆に、糖質60%摂取の人が
いきなりスーパー糖質制限した時も同じですよ。
どちらからどちらに移るのでも、
体が対応するのに2週間ぐらいかかるのは
ふつうのことだと思います。

もちろん個人差はあります。
必ず全員が苦しむわけではありません。
2.3日でアジャストする人もいれば、
2か月ぐらいかかる人もいるでしょう。

個人個人が、やってみなければわからないです。
記事中にもいろいろ書いていると思いますが、
もう一度、たとえ話を書いておきます。
たとえば、毎日ビールを大瓶一本飲んでいた人が、
半年間、禁酒したとします。
「半年後、いきなり大瓶一本飲んだら、
毎日飲んでた頃に比べてよっぱらいませんか?

それが心配で禁酒に踏み切れません。
先生が半年後にいきなり飲みだしても大丈夫、
今と変わらずにおいしく飲めますよと
保証してくれるのなら
やってみてもいいですけど、
保証してくれますか?」

みたいな心配ってことですよね。
普通に考えたらわかる問題で、
酔っぱらう人の方が多いと思いますよ。
でも、中には2,3日で元通りに楽しく飲める人もいるだろうし、
もうおいしくなくなって飲みたくないって人もいるでしょう。
個人差だから、どうなるかなんてやってみなきゃわからない。
そんなことの保証を求めるなら、
禁酒(ダイエット)なんかやめておけば?

あなたには向いてないよ。


んっ

これは詭弁でしょ

酒飲みのワタシですら
アルコールが弱くなるのはイヤじゃない
経済的だから逆にうれしい

だけど糖質は違う
ちゃんと食事制限する努力をして
糖尿病という病気でもないのに
自己管理のためにやっているのに
それが頭痛や眠気やら副作用を
禁酒と一緒に並べること自体、乱暴すぎる
ましてスーパー糖質制限を止める
イコール 糖質食べまくるなんていう
品位の欠片もない極論に呆れる。

糖質制限すると耐糖能が落ちるから
結論から行けば
ワタシのような糖尿病でもなんでもない
ダイエット目的なヤツが
長期間にわたって糖質制限をしっかりしたら
耐糖能異常 イコール 境界性糖尿病
と同じ症状になり・・・
たいした糖質を取っていなくても
血糖値は高くなる
その結果、糖質制限を始める前より
ひどく頭痛や睡魔に襲われ
ダイエットとして痩せるのも止まってしまう。

そのうえ、今の状況では
糖質制限を止めたからといって
100%すぐに耐糖能異常がなくなり
元通りになるかどうかもなんのエビデンスもないと

たしかにカルピンチョ先生ののいう
糖尿病診断テスト75gOGTT(経口グルコース負荷試験)に潜むトリック
も、もちろんあると思うけど…・
ワタシは、検査をするとかしないではなくて
普段の糖質制限を続けているだけで
既にかなり糖質について過敏に反応して
血糖値がはね上がっている

このことをなんとかバランス取りながら
一度リセットして…と考えるのは
糖質制限の良さも踏まえてからこそ
正当な考えではないのかな


それからちょうど合わせて…
江部先生のところの管理栄養士さん
  
Cocoroさんのブログ  糖質制限で痩せるの?


そもそも、痩せるためには「エネルギー」の
摂取量と消費量のバランスで体が
「痩せ」たり、「太る」ので
糖質制限をしていても運動しない女性が
1日2000kcal摂取すれば太りますし、
逆に糖質制限しなくても
1日1200kcal制限で1か月過ごせば1~2kgは体重が落ちます。

中略

なので、糖質制限をするにあたって、
「食べ放題」の状態では痩せません。

エネルギー無制限の糖質制限は
血糖値のコントロールとしては
有用な手段です。

しかし、ダイエットやインスリン抵抗性を
改善するためには
体の大きさや筋肉・脂肪の割合にあった
必要摂取エネルギーを知ることと
そのエネルギーの中で糖質を制限することで
効果が発揮されますので、
そのあたりをしっかりと理解して
ダイエットされてほしいと思います。

ということで友人には
チーズ食べ放題禁止と
アボカドを多くて1日1個までにすることと
週2~3回は有酸素運動をするよう
アドバイスしたのでした。

えっ!!!!(・_・;)
超フツーのダイエット!


基本的に糖質制限すれば
カロリー計算の必要はないというのが
江部先生たちのご意見だったはずなのにぃぃぃぃ

あきらかにおかしいと考えるのは
なにも糖質制限反対派の方だけではないと思うんですけどぉぉぉ。


たしかに糖尿病の方が
糖質制限でコントロールできることで
治療の必要がなくなる
可能性もたくさんあって、それはそれでとても素晴らしいけど。。。。
ダイエットとしてはどーーなんだろうか

そろそろ糖質も取りつつ
カロリーで抑えるというフツーのやり方に戻してみて
またしばらくしてから糖質制限をやるとか
これからのやり方をちゃんと考えていかないといけないなぁ。


って真剣に思っているワタシデス

とりあえず、丸亀うどん食べに行くかぁ~




 エサのかわり
 時々キイロイトリをポチっていただけると
 大変うれしいです


ブログランキング・にほんブログ村へ  



関連記事

テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

初めまして。minorinkoさん。popといいます。
いつもブログを拝見させて頂いてます。

今回の記事を拝見してとても共感しましたのでコメントさせてください。
ただ こういう風にブログにコメントをするのが初めてなので色々作法がわからず、失礼がありましたらどうぞお許しください。

さて 私も2年ほど前にダイエット目的で糖質制限を始めました。
当初は順調に体重も落ち、2か月くらいで49Kg→46Kまで落ちてくれました。
ただその後体重の減少は見られず、逆にちょっとの糖質の摂取でもすぐ体重が増えるようになってしまいました。
増えた体重を戻すべく 糖質の摂取を極端に減らしたりして体重のコントロールをしてましたが 次第に糖質を減らしても体重が減らなくなってしまいました。この頃から自分の体が糖質に対して非常に過敏になっていっているような気がしてきました。
色々ネット等で調べて自分は耐糖能異常ではと思うようになりました。

それで 今年に入ってから糖質制限を止めることにしたのです。

しかし糖質制限の呪縛は恐ろしく 未だに無意識に糖質の摂取を避けてしまいます。
食品を購入するときもどうしても糖質量のチェックをしてしまうのです。

今私の食生活は

朝 豆乳ヨーグルト、お味噌汁
昼 ご飯40グラム、青菜のお浸し、舞茸のソテー、蒸し鶏胸肉のお弁当
   (500ml容器のお弁当箱に入る量のみ)
夜 レタスサラダ(レタス2枚 きゅうり1/2本 大豆大匙1杯 チーズ10グラム   他 その日冷蔵庫にある野菜少々をトッピング)

という生活をしています。
(週末はお酒(赤ワイン)を飲みます。 夕食の量も増えます。ただその分 朝と昼は抜きます)

糖質制限を止めると決心しても 結局太るのが怖くて糖質を取れないのです。(お昼のご飯40Gがせめてもの糖質制限に対する抵抗です)

糖質制限は糖尿病の方には大変優れた食事療法だと思うのですが ダイエット目的(特に体重が標準体重の人)には向かないのではと
今頃になって思います。

早く耐糖能異常状態を改善したいのですが 上記のような状況ですのでなかなか改善できず・・。

とても苦しいです。

色々悩んでいた時にminorinkoさんのブログを読んでとてもとても共感したので 思わずコメントしてしまいました。

では 長々と長文失礼いたしました。


POP




初めまして。以前からMinorinkoさんの美味しそうな糖質制限パンを参考にさせて頂き、自家製パンを作っている者です。私はMinorinkoさんやコメントされている皆さんとは違い二型糖尿病でダイエット目的ではないため、コメントが場違いだったら申し訳ありません。
会社勤めをしていて同僚に病気を知られたくない(インシュリン注射をしたくない)一心で糖質制限を3年して、体重は15キロ程減りました。発病時に即入院したくらいの高血糖が今は正常高値くらいです。(糖質を取らなければ血糖値は上がらないので)
普段の食生活ではお米や普通のパンや麺類やお菓子は食べません。ですが、少しの調味料や揚げ物の衣(パン粉以外の小麦粉や片栗粉)はオッケーとしています。ビタミンを取るために生の果物は時々食べています。糖質制限は食べ放題の夢の食生活ではなく食べ過ぎてはいけません。カロリーは関係ないと良く聞きますが、体重に関していえば高カロリー食を多く取ると太ります。主食である糖質の代わりに豆腐などをよく食べているので、ある意味 置き換えダイエットに近いかも?私の場合はすでに糖尿病を発病しているため一生糖質制限を続ける覚悟で、ストレスにならないようゆるくやっています。
耐糖性能の低下について素人考えですが、やはりあると思います。普段は食べない食事、人付き合いで断れなかった甘い物やお米を食べた後に異常な眠気に襲われます。自分自身この食生活を一生続けて大丈夫なんだろうかと悩んだ時期もありましたが、糖尿病の進行を出来る限りゆっくりにしたいので続けています。
耐糖性能の低下というリスクがあるため、ダイエット目的での糖質制限は長期間するものではなくあくまで一時的としてなら効果の高いダイエットだと思います。私は健康体の家族には糖質制限を勧めないです。
上手く文章が書けず何が言いたいか分からなくなってしまいましたが、せっかくの健康体の皆さんは、無理な糖質制限で健康を損なわないようにしてください。何ごともやり過ぎは良くないです。ほどほどくらいがちょうどいい。

こんにちわ。FBでは何回かやりとりさせていただいてました。(シフォンケーキが膨らまない件で^ ^)
最近、お見かけしないのでこちらに伺いました。
興味深い内容ですね。
私は糖質制限を始めてもうすぐ一年。
何もわからないところから始めたので
スーパーな糖質制限にならなかったのが結果として良かったかもしれませんね。
私もダイエット目的なんですが、糖質との付き合い方を考えた方がいいですね^ ^
どんな事も合う合わないがあるから、その人の体質にもよりけりですね。

No title

みのりんこさま

いつも楽しく記事を拝見させて頂いています。
チャレンジ精神旺盛で夫婦仲よくていらして、
読むのがとても楽しみです、ありがとうございます。

私もみなさんと同じで、同じような症状に悩まされており、
思わずコメントさせて頂きました。

私はみなさんのちょうど中間、つまりII型糖尿病を発症しては
いないけれど、きわめてそれに近い予備軍ということで
糖質制限を始めました。やせ型でして、ダイエット目的では
ありません。甘いものを食べると異様な眠気や疲労感が
あり、これはまずいと一念発起して始めました。
これまでは3食スイーツ漬けと言ってもよいくらい、
甘いものが大好きだったのですが、最近ではたまに
糖質10グラムほどのものを頂くくらいに留めています。

それなのに、それ位の少量でも糖質をとると、以前と変わらぬほどの
激しい眠気を催すようになり、正直怖くて仕方がありません。
やはり耐糖能が落ちているのでしょうか。
医師の友人にはある程度糖質に体を慣らしておいた方がよいと
言われているのですが…

みのりんこさまから江部先生などにご質問して頂けると
いいなぁと思い、コメントさせて頂きました。
これからも注目しております!!

Re: popさま

> 初めまして。minorinkoさん。popといいます。
> いつもブログを拝見させて頂いてます。
> 今回の記事を拝見してとても共感しましたのでコメントさせてください。
> ただ こういう風にブログにコメントをするのが初めてなので色々作法がわからず、失礼がありましたらどうぞお許しください。

コメントありがと―ございますv-16


> さて 私も2年ほど前にダイエット目的で糖質制限を始めました。
> 当初は順調に体重も落ち、2か月くらいで49Kg→46Kまで落ちてくれました。
> ただその後体重の減少は見られず、逆にちょっとの糖質の摂取でもすぐ体重が増えるようになってしまいました。
> 増えた体重を戻すべく 糖質の摂取を極端に減らしたりして体重のコントロールをしてましたが 次第に糖質を減らしても体重が減らなくなってしまいました。この頃から自分の体が糖質に対して非常に過敏になっていっているような気がしてきました。
> 色々ネット等で調べて自分は耐糖能異常ではと思うようになりました。
> それで 今年に入ってから糖質制限を止めることにしたのです。
> しかし糖質制限の呪縛は恐ろしく 未だに無意識に糖質の摂取を避けてしまいます。
> 食品を購入するときもどうしても糖質量のチェックをしてしまうのです。

> 今私の食生活は
> 朝 豆乳ヨーグルト、お味噌汁
> 昼 ご飯40グラム、青菜のお浸し、舞茸のソテー、蒸し鶏胸肉のお弁当(500ml容器のお弁当箱に入る量のみ)
> 夜 レタスサラダ(レタス2枚 きゅうり1/2本 大豆大匙1杯 チーズ10グラム   他 その日冷蔵庫にある野菜少々をトッピング)
> という生活をしています。
> (週末はお酒(赤ワイン)を飲みます。 夕食の量も増えます。ただその分 朝と昼は抜きます)
> 糖質制限を止めると決心しても 結局太るのが怖くて糖質を取れないのです。(お昼のご飯40Gがせめてもの糖質制限に対する抵抗です)
> 糖質制限は糖尿病の方には大変優れた食事療法だと思うのですが ダイエット目的(特に体重が標準体重の人)には向かないのではと
> 今頃になって思います。
> 早く耐糖能異常状態を改善したいのですが 上記のような状況ですのでなかなか改善できず・・。
>
> とても苦しいです。
> 色々悩んでいた時にminorinkoさんのブログを読んでとてもとても共感したので 思わずコメントしてしまいました。
> では 長々と長文失礼いたしました。

スゴク共感できますv-237
一度、糖質制限をしっかりしてしまうと
マジメにやってきた分だけ余計に罪悪感から逃れなくなりますね。

ワタシもあれから少しずつ糖質を取るようにしていますが
また太り始めてしまうのではと
ちょっとした恐怖と戦っているところですv-40

少しずつカロリーも考えながら
やっていくつもりなので
一緒にがんばりましょーv-91



Re: まるこさま

> 初めまして。以前からMinorinkoさんの美味しそうな糖質制限パンを参考にさせて頂き、自家製パンを作っている者です。私はMinorinkoさんやコメントされている皆さんとは違い二型糖尿病でダイエット目的ではないため、コメントが場違いだったら申し訳ありません。

コメントありがと――ございますv-16

> 会社勤めをしていて同僚に病気を知られたくない(インシュリン注射をしたくない)一心で糖質制限を3年して、体重は15キロ程減りました。発病時に即入院したくらいの高血糖が今は正常高値くらいです。(糖質を取らなければ血糖値は上がらないので)
> 普段の食生活ではお米や普通のパンや麺類やお菓子は食べません。ですが、少しの調味料や揚げ物の衣(パン粉以外の小麦粉や片栗粉)はオッケーとしています。ビタミンを取るために生の果物は時々食べています。糖質制限は食べ放題の夢の食生活ではなく食べ過ぎてはいけません。カロリーは関係ないと良く聞きますが、体重に関していえば高カロリー食を多く取ると太ります。主食である糖質の代わりに豆腐などをよく食べているので、ある意味 置き換えダイエットに近いかも?私の場合はすでに糖尿病を発病しているため一生糖質制限を続ける覚悟で、ストレスにならないようゆるくやっています。
> 耐糖性能の低下について素人考えですが、やはりあると思います。普段は食べない食事、人付き合いで断れなかった甘い物やお米を食べた後に異常な眠気に襲われます。自分自身この食生活を一生続けて大丈夫なんだろうかと悩んだ時期もありましたが、糖尿病の進行を出来る限りゆっくりにしたいので続けています。
> 耐糖性能の低下というリスクがあるため、ダイエット目的での糖質制限は長期間するものではなくあくまで一時的としてなら効果の高いダイエットだと思います。私は健康体の家族には糖質制限を勧めないです。
> 上手く文章が書けず何が言いたいか分からなくなってしまいましたが、せっかくの健康体の皆さんは、無理な糖質制限で健康を損なわないようにしてください。何ごともやり過ぎは良くないです。ほどほどくらいがちょうどいい。

二型糖尿病をコントロールされている様子
ダイエット目的のワタシにはわからないご苦労も多いかと思います。

やっぱり耐糖性能の低下というリスクがあることを
わかった上でダイエットしていかないといけないと
ホントに思います。

少しでもワタシのつたないパンの記事とかが
糖尿病でがんばっている方のお役に立てたら
ワタシの失敗も失敗で終わらず
とってもうれしいデスv-238

今後ともよろしくお願いいたしますv-16



Re: ばぶさま

> こんにちわ。FBでは何回かやりとりさせていただいてました。(シフォンケーキが膨らまない件で^ ^)
> 最近、お見かけしないのでこちらに伺いました。

ごぶさたしていますv-16
なんとなく、糖質制限に対する閉鎖的なカンジが
とっても苦手で…v-356

> 興味深い内容ですね。
> 私は糖質制限を始めてもうすぐ一年。
> 何もわからないところから始めたので
> スーパーな糖質制限にならなかったのが結果として良かったかもしれませんね。
> 私もダイエット目的なんですが、糖質との付き合い方を考えた方がいいですね^ ^
> どんな事も合う合わないがあるから、その人の体質にもよりけりですね。

ホントにそうだと思います。
個人差の激しいことだからこそ
糖尿病で取り入れるにしても
ダイエット効果を狙うにしても
リスクを知ってやらないと不健康になるという
悲しい結果になってしまうので・・・

今後とも、ヨロシクv-344



Re: 初めまして2さん

> みのりんこさま
> いつも楽しく記事を拝見させて頂いています。
> チャレンジ精神旺盛で夫婦仲よくていらして、
> 読むのがとても楽しみです、ありがとうございます。

ケンカも多いですが、ありがとーございますv-16


> 私もみなさんと同じで、同じような症状に悩まされており、
> 思わずコメントさせて頂きました。
> 私はみなさんのちょうど中間、つまりII型糖尿病を発症しては
> いないけれど、きわめてそれに近い予備軍ということで
> 糖質制限を始めました。やせ型でして、ダイエット目的では
> ありません。甘いものを食べると異様な眠気や疲労感が
> あり、これはまずいと一念発起して始めました。
> これまでは3食スイーツ漬けと言ってもよいくらい、
> 甘いものが大好きだったのですが、最近ではたまに
> 糖質10グラムほどのものを頂くくらいに留めています。
> それなのに、それ位の少量でも糖質をとると、以前と変わらぬほどの
> 激しい眠気を催すようになり、正直怖くて仕方がありません。
> やはり耐糖能が落ちているのでしょうか。
> 医師の友人にはある程度糖質に体を慣らしておいた方がよいと
> 言われているのですが…

個人差も多い話なので一概に無責任なことは言えませんが
境界型の方にもとーぜん、耐糖能が下がる可能性も多いかと思います。

> みのりんこさまから江部先生などにご質問して頂けると
> いいなぁと思い、コメントさせて頂きました。
> これからも注目しております!!

ご期待には感謝しますが・・・
個人的な診療外なことですから
江部先生もきっときちんとお返事なされないかと思います。

まあーー、それが糖質制限の誤解を生む要因でもあると
今のワタシは考えますが
これからもとにかく素人のワタシのわかる範囲で
書いていきますので、よろしくお願いいたしますv-16




No title

PFCバランスのCは"炭水化物"であって"糖質"ではありません。
セイゲニストはこれを勘違いしている。

Re: swordedge002 さま

> PFCバランスのCは"炭水化物"であって"糖質"ではありません。
> セイゲニストはこれを勘違いしている。

コメントありがとうございますv-238
勉強しますv-16v-116
かうんとするぅ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
プロフィール

minorinko

Author:minorinko
52才になり、トナカイくん(夫)と1年のスーパー低糖質ダイエットから一度は失った耐糖能を取り戻すため!!脂質やカロリー・塩分に気をつけた食事に変更。
美味しくないと続かないをモットーに高強度筋トレ始めました。
まだまだダイエット初心者格闘中<(`^´)>

カテゴリ
ワタシの使っているモノ
最新記事
ダイエット遺伝子検査キットDHC 
遺伝子検査 ダイエット対策キット
公式HP
読み忘れてませんか?BEST10
ranking
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ワタシの気になるもの
QRコード
QR