中鎖脂肪酸がイイという理由

今週は、のんびりWEEKなので
ココナッツオイルも毎日飲み始めたことだし
中鎖脂肪酸とかしっかりお勉強したいワタシデス

どーしてココナッツオイルじゃないといけないの?
調べたことでなんとなくわかったのは

中鎖脂肪酸の含有率が60~70%のココナッツオイルは
消化吸収の比較的遅く、血中に長くとどまり
100%のMCTオイル
(中鎖脂肪酸 edium Chain Triglyceride)は
消化吸収の比較的早く、血中レベルが上がるのも早いので
この2つを上手く合わせ身体に取り込めれば
肝臓のミトコンドリアで脂肪酸から作られる『ケトン体』濃度を上昇させ
ケトーシスの状態を維持することができる。
身体は、脂質をエネルギーとして利用できるようになり
脂肪が燃え続けることで痩せて
中性脂肪の再合成が起こりにくくなる。


うん。。。
たぶんわかったと思う。
けど、じゃあーーー中鎖脂肪酸がたくさんあるとイイ理由を
知りたくなるのがワタシの性格なのよねーーーん

普通の脂肪や油は、学校で習ったとおり
いったん脂肪酸とグリセリンに分解され、
リンパ管を通って静脈に入る。
血液は水性なので、普通の油(長鎖脂肪酸)は、
そのままでは血管に入れない。

だからこうやって遠回りするわけだ。

ところが中鎖脂肪酸には親水性があって、
小腸の毛細血管から門脈を通って、
直接肝臓に運ばれ、ケトン体になる。

image.jpg


そのため、中鎖脂肪酸は、一般の長鎖脂肪酸と比べて
約5倍も速くエネルギーになるという。

そして一般の油と比べて、
約10倍のケトン体を発生させるという。

また一般の血管には流れないので、
コレステロール値も上げないのだという。

なので中鎖脂肪酸(MCTオイル)は、
栄養不良の患者のエネルギー補給に、
40年以上前から利用されているらしい。


なるほどぉーーー

もっと簡単に?わかりやすく説明してくれているサイトが
MCTオイルの製造販売元の日清さん、さっすがー

中鎖脂肪酸の基礎知識

about_mct_shibousan_02.png

中鎖脂肪酸は、
長鎖脂肪酸の約半分の長さしかないことが特徴。
半分だからこそ、一般的な油脂とは性質に大きな違いが出てくるらしい。

この中鎖脂肪酸MCTオイルを作るのには
けっきょくココナッツオイルと同じくココナッツから作るので
ちゃんとココナッツについても教えてくれる
日清さん、さっすがー
ココナッツについて

coconut_sec1_1.png

様々な植物油のなかで中鎖脂肪酸を多く含むのは、
ココナッツオイルやパーム(アブラヤシ)の種の中にある
核を原料としたパーム核油など、ヤシ科の植物油だけ

だから中鎖脂肪酸を取るのには、ココナッツオイルなんだなぁ

なんかすっごくわかって
(ストンとふに落ちたっていうか)かしこくなった気がする

あとは、前に耳にして気になっていた
ケトン体エンジンについてだな





って、まだ調べる虫はいるんだぁ


ポチっとすると今、人気の低糖質情報にワープ
   共に戦おう!

ブログランキング・にほんブログ村へ  




関連記事

テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

かうんとするぅ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
プロフィール

minorinko

Author:minorinko
52才になり、トナカイくん(夫)と1年のスーパー低糖質ダイエットから一度は失った耐糖能を取り戻すため!!脂質やカロリー・塩分に気をつけた食事に変更。
美味しくないと続かないをモットーに高強度筋トレ始めました。
まだまだダイエット初心者格闘中<(`^´)>

カテゴリ
ワタシの使っているモノ
最新記事
ダイエット遺伝子検査キットDHC 
遺伝子検査 ダイエット対策キット
公式HP
読み忘れてませんか?BEST10
ranking
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ワタシの気になるもの
QRコード
QR