見えない血管を守る方法

とにかく年度末の報告書作成で
忙しいワタシデス

ハイボールを飲みながら
ご近所さんで飲み仲間の心臓外科の博士と
3時間も血管について質疑応答してもらったことで
今、やっぱりワタシが迷走したところから気づいたこと
ワタシが気をつけてる食事の方法は間違ってないと確信した。

それとお仕事で関わった M.D., Ph.Dのみなさんがそうだったように
やっぱりちゃんとした医師は、一方方向からだけで
確定的なコメントなんて絶対にしないって。

特にカレのコメントでいちばん同感できたのは
日本のマスコミに出たがる医師が
マスコミ的に求められて語る『~したら、~になります』的な話は、
あまりに文系的で医学の理系的発言とはかけ離れている。
そんな話では、ちゃんとした研究者間では成立しない


臨床しかやってこなかった医師の中で自分の経験だけに
勘違いをしてしまい、変な自信を持って頑なになる医師も多い
それに仮にくだらない雑誌から取材依頼があったとしても
そんなところに載ることがどれくらい恥ずかしくて
失う信用の方が多いか。。。と

まあー、そんな下世話なことよりも
血管が硬くなる
よくいうところの動脈硬化がどれくらい危険なことか
硬くなった血管は、まるで竹のように炸裂するという
心臓に係わる血管を手術するカレから聞くと
本人が実感できないだけに怖いと感じた。

それと共にどーしてワタシは、
亡くなった母がずっと狭心症だったにもかかわらず
あの時ニ母に適切な注意をできなかったのか
一度も母の病気について、しっかり調べなかった。
大きな発作が起こり手術をして、その後、歩けなくなり
父との老老介護になってしまったのに。

今のようにきちんとワタシが知識を深める努力をして
近くでアドバイスをしてあげれたら・・・
あの発作の可能性も少なくできたかもしれなかったと
取り戻せない過去の無知無関心について
大きな後悔を新たに抱えてしまった。

だけど。。。
ワタシは、その大きな後悔を背負って
ワタシが同じ過ちを繰り返さないようにこれからも勉強する
そしてちゃんと美味しく実践していく

血管が身体中を巡ってワタシ達は生きているのに
見えないからこそ、忘れないようにしよう

糖質制限は、炭水化物を抑えることで
とても有意義な食事管理であるという一面は
実践したうえでワタシも体感しています。
が・・・・
だからこそ
そのうえで一番健康に大切な血管について
いっさいを考えないというのは、
もし医師が進めているとしたらいかがなものか

でもワタシは一般人のド素人・・・
あくまで文系的な感想でしかないので
ちゃんとした資料を張り付けることにします

糖質制限で塩分や脂質に制限をせずに食べている方は
ぜひ、一度ちゃんと読んでみてください

 誤解されがちな動脈硬化

間違いなく《塩分》は、無症状なまま動脈硬化を進行させる
「動脈硬化」とは「動脈の壁が厚くなったり、
硬くなったりして本来の構造が壊れ、働きがわるくなる病変」の総称です。
もともと病理学で使う呼び方で、病名ではありません。


もうひとつ《脂質》がどれほど影響を与えるのか
ラードなんかをコーヒーに入れて飲んでいても
10年後にどうなるのか。。。誰も責任など取ってくれないのに。

無症状で進行する
「硬化」はどう進むのか、その過程をご説明しましょう。

年齢が高くなるにつれ、
内膜の中にたまったコレステロールを中心とした脂肪沈着は、
やがて「脂肪斑」と呼ばれる状態になります。
20~30歳ごろから始まり、この「脂肪斑」などが大きくなり、
血管の内側に向かって盛り上がってきますから、
50~60歳になると血管自体は狭くなってしまいます。

その結果、スムーズな流れだった血流と内膜の間に
無理(ストレス)が生じ、
内膜を覆っている細胞(内皮細胞)が壊れ、
血の塊(血栓)ができます。
この塊で血管が詰ると、
急性心筋梗塞などの発作として、初
めて症状が現れるようになります。

ですから、症状が自覚できるようになった時は、
すでに20~30年に及ぶ沈黙の「動脈硬化の進行」があった
と考えなくてはなりません。
硬化は無症状のまま進行することを
しっかり覚えておいてください。


2016年3月7日に書いた
糖質制限で血管年齢が老いてしまう!?

ワタシが見つけたいちばんわかりやすかったサイト

  「“血管の硬さ”が全身の老化リスクに!」 BY Suntory

img02.png

わかりやすい図なのでご参考まで



img04.png


 血管が硬くなるのには、2つの理由があります。ひとつは、血管自体はそれほど硬くなくても、血圧の上昇で血管に圧力がかかったり、ストレスや喫煙で血管がキュッと縮んだりして血管が硬くなっている状態。この場合は一時的な硬さなので、その原因を取り除けばもとの状態に戻ります。
 もうひとつは、加齢や生活習慣などによって動脈硬化が進み、血管そのものが老化して硬くなっている状態です。このように、老化して硬くなった血管は、もう戻せないと考えられていましたが、近年の研究で、ある程度のしなやかさを取り戻せることが分かってきました。


d-@4lz.jpg

↑のグラフを見れば一目瞭然
高血圧「サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)」や
スーパー糖質制限を1年間続けた結果
まさにワタシが今感じている耐糖能異常にならないように
とりあえず、ワタシは
運動と塩分・脂質を含めたカロリーコントロール
で柔軟な血管を取り戻そうと思う

ワタシのど素人のブログなんて信用ならない
そんな意見もトーゼンです
そんな方は、ぜひぜひご自分で《塩分、動脈硬化》と
ネットサーフィンして調べてみてください
本当にこのことを告げずに
ひたすら糖質制限を推し進めることがどれくらい危険か

どんな形でもよいので一度調べていただくきっかけになれば
なによりデス






 エサのかわり
 時々キイロイトリをポチっていただけると
 大変うれしいです


ブログランキング・にほんブログ村へ  




テーマ : 糖質制限食
ジャンル : ヘルス・ダイエット

かうんとするぅ
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

minorinko

Author:minorinko
52才になり、トナカイくん(夫)と1年のスーパー低糖質ダイエットから一度は失った耐糖能を取り戻すため!!脂質やカロリー・塩分に気をつけた食事に変更。
美味しくないと続かないをモットーに高強度筋トレ始めました。
まだまだダイエット初心者格闘中<(`^´)>

カテゴリ
ワタシの使っているモノ
最新記事
ダイエット遺伝子検査キットDHC 
遺伝子検査 ダイエット対策キット
公式HP
読み忘れてませんか?BEST10
ranking
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ワタシの気になるもの
QRコード
QR